きれいな女性の脚
  • ホーム
  • ニゾラールが効かないと思う時は

ニゾラールが効かないと思う時は

脚にクリームを塗る女性

脂漏性皮膚炎の治療に用いられるニゾラール。
抗真菌薬の一つで皮膚炎の原因となっている菌に対して、高い殺菌効果を発揮します。
脂漏性皮膚炎は毛穴に皮脂がたまり、それを餌とする真菌が増殖して炎症がおきます。
ニゾラールはこの真菌を殺菌することで、症状の改善を図るのです。
ただニゾラールも万能なわけではありません。
なかには薬を塗り続けても炎症が治まらないという人もいます。
それは皮膚に炎症が起きたのは、真菌だけが原因であるとは限らないからです。
そもそも皮膚の炎症は肌の防御作用からくるものです。
肌に対して攻撃を仕掛けてくる真菌がいなくなれば、炎症が治まると考えるのが普通ですが、じつはそうではありません。
人間の体には免疫機能が備わっており、炎症が起きた部位では免疫細胞が活発に活動しています。
いわば外敵に対して攻撃を仕掛けている状態です。
ニゾラールによってその外敵が撃退された場合でも、まだ免疫細胞はそこに残って攻撃を続けていることがあり、それが原因で炎症が続いてしまうことがあるのです。
原因が真菌ではなくなっている場合は、別の治療薬が必要になります。
免疫細胞の働きを抑える薬が求められるのです。
一般的にニゾラールを使用した後で用いる薬は、ステロイド系の外用薬となります。
すでにニゾラールにより真菌は殺菌されているので、ステロイド薬を使用しても原因菌が増えてしまうことはありません。
ですから効果も非常に高くなるとされています。
医療機関によってはニゾラールと一緒にステロイド剤をあるようです。
これは原因となる真菌を殺菌しつつ、炎症を抑えるという目的に基づくものです。
なお症状が良くなったからといって薬を塗るのを止めてしまえば、炎症が再発することもあります。
必ず医師の指示に従って使用するようにしましょう。

関連記事
人気記事一覧