きれいな女性の脚
  • ホーム
  • ニゾラールを塗ってはいけない箇所とは

ニゾラールを塗ってはいけない箇所とは

水虫の足裏

ニゾラールはケトコナゾールを有効成分にした医薬品で、真菌による感染症を治療するために用いられます。
抗真菌薬のひとつとして処方されますが、剤形はクリームやローション、スプレーといった外用薬で、内服薬は存在しません。
そのため、真菌が皮膚に感染する表在性真菌症に使用され、臓器や体内で感染する深在性真菌症には用いられません。
ニゾラールはイミダゾール系抗真菌薬に分類され、カビの仲間である真菌に対して効果的ですが、塗った際の皮膚への刺激が比較的に少ないのが特徴です。
特に利用されるのは白癬菌によって感染した水虫で、その他にいんきんたむし、しらくも、カンジダ症、癜風、脂漏性皮膚炎などに利用されます。
皮膚に塗る薬ですが刺激が少ないので、基本的にどの部位でも使用することが可能です。
ただし、性器ガンジダやいんきんたむしについては、性器周辺の皮膚に塗ることはありますが、女性器の小陰唇といった粘膜には使用できません。
刺激は少ないとは言え、粘膜に使用するとかぶれや炎症を起こす可能性があるので、性器内部に感染していた場合は膣内の洗浄や内服薬または膣錠などを用います。
また、水虫でも成分が皮膚から浸透できる足の裏や指の間などの足白癬には有効ですが、角質が固まった爪には浸透することがないため、爪白癬にはあまり効果がないようです。
爪白癬に関しては体内からの治療が必要になることもあるので、病院では内服薬の投与に切り替えてくれることもあります。
どうしても治療が進まない場合は、かかりつけの医師に相談してみると良いでしょう。
ニゾラールは皮膚から成分が浸透することで真菌を退治するものなので、使用する場合はしっかりと塗りこみ、広範囲に塗ることが必要になります。

関連記事
人気記事一覧