きれいな女性の脚
  • ホーム
  • 変色したニキビは発癌性のないニゾラールで改善する

変色したニキビは発癌性のないニゾラールで改善する

顔にできたニキビはひどい状態でなければ、きちんと洗顔し美容クリームをつけることで治すことができます。
しかし、赤く変色した状態までなってしまうと、それだけでは治すことができなくなります。
変色するまで悪化したニキビを治すには、皮膚科のクリニックで症状を改善できる薬を処方してもらうようにしましょう。

変色したニキビを治すのによく効く薬としておすすめなのが、菌を殺す強い効果があるニゾラールという薬です。
ニゾラールは菌の繁殖が原因でかかるカンジダや水虫の治療に使われている薬ですが、皮膚用にも使うことができニキビを早く治すことができます。
ニキビが赤く変色してしまうのには、菌の働きが関係しています。
毛穴に皮脂がたまり菌が発生することでニキビが起こりますが、その皮脂を菌が食べて増えていくと肌を傷つける遊離脂肪酸という成分が菌から分泌されるようになります。
遊離脂肪酸が多く分泌されることで、肌が炎症を起こしてしまうのです。
炎症を起こしている部分にニゾラールをつけることで、毛穴の中の有害な菌を殺菌することができ炎症を抑えられます。

通販サイトを使えば皮膚科のクリニックを受診しなくても炎症に効く薬を手に入れられますが、通販サイトで売られている薬の中には殺菌効果が高くても発癌性のある成分を含んでいる危険な薬もあるので控えましょう。
医療機関で使われる医療薬品であるニゾラールは、健康面で問題がないかの検査を受けています。
使っても体に問題がない薬と認定されている薬ですので、ニキビ対策には面倒でもクリニックを受診してニゾラールを出してもらいましょう。

より早く炎症を治すにはニゾラールを使うだけでなく、食事や睡眠もしっかり摂るようにすると良いです。

関連記事