きれいな女性の脚
  • ホーム
  • 家庭での注意点と角質が厚いときは尿素とニゾラール

家庭での注意点と角質が厚いときは尿素とニゾラール

きれいな脚

家庭で水虫の人がいると家族に感染させてしまう危険があって、お風呂場などにおくことが多い足ふきマットなどから、スリッパやタオルなど直接肌が触れることが多いものを共用していると可能性が高くなってきます。
ペットを飼っている家庭ではペットからの感染にも気を付ける必要があって、ペットからの水虫が頭に感染して脱毛してしまうケースが増えています。

足のかかとは角質が厚く、乾燥肌の人はひび割れを起こすことがありますが、水虫の白癬菌が関連して似ている症状を引き起こしていることがあります。
かかとにかゆみを感じることはあまりないため感染していると気づきにくいので、専門医に一度見てもらうべきです。

角質が厚い場所は、そのまま薬を塗布しても中々浸透して行きにくいため、皮膚を柔らかくするために先に尿素を塗布して、その後柔らかくなってから水虫薬を塗ることになります。
かかとの水虫も放置しておくと、足の裏や爪などにも広がることがありますから、早めに治すべきです。

水虫の白癬菌に対して、効果が期待できる薬にニゾラールがあります。
カンジダにも有効性があり、殺菌するための塗り薬です。
クリームやローション、スプレータイプがあって、感染部位によって使い分けると効果的です。
診断をする際に、水虫菌がいるかどうか検査が行われることがありますが、市販されている薬を日ごろから塗布していると検査で見つけにくいことがあるので、医師に伝えておくべきです。

水虫の白癬菌は、奥深くまで入りこんでいることが多いので、根気よくニゾラールなどの薬を使っていく必要があり、見た目で治ったように見えても完全に殺菌されていないこともあるので、医師から指示された期間は塗り続けるべきです。
患部よりも広めに塗ることがポイントで、感染部分が普段から高温多湿にならないように心がけます。

関連記事
人気記事一覧