きれいな女性の脚
  • ホーム
  • 炎症の傾向があるぶつぶつはニゾラールで治す

炎症の傾向があるぶつぶつはニゾラールで治す

水虫の足裏

ニキビなどの肌にできる吹き出物は毛穴に皮脂と汚れがたまることでなると思われていますが、本当の原因は毛穴の中で繁殖した菌の出す成分となります。
毛穴に皮脂がたまると菌が繁殖するようになり、その菌は皮脂を栄養にどんどん増えていきます。
皮脂を食べる際に菌は遊離脂肪酸を出し、その遊離脂肪酸により皮脂が傷つけられてしまい肌が荒れるのです。
吹き出物が遊離脂肪酸で症状が進行していくと、肌のぶつぶつが赤みを帯びるようになります。
自分の肌にできたぶつぶつがこのような傾向になっていれば、洗顔や保湿だけでは治すことは困難です。
皮膚科を受診して、医療薬品のニゾラールを処方してもらいましょう。

吹き出物は菌の繁殖が関係していますが、ニゾラールで菌の繁殖を抑えることができます。
ニゾラールは本来はニキビ用の薬としてはあまり用いられず、主にカンジダや水虫を治療する薬として用いられています。
カンジダや水虫も菌の繁殖が原因となりなる病気であり、一度かかると完治がしくにい病気です。
その病気に対して使われているニゾラールは、殺菌効果が他の菌を殺す薬と比べても格段に高い薬となります。
炎症を起こすようになった吹き出物に使うことで、毛穴の菌が殺菌し治すことができます。
この薬は殺菌効果の高さから最初の段階で処方されることが少なく、一度目に処方される薬は殺菌効果がそこそこのタイプが多いです。
炎症を起こしたぶつぶつを早く治したい場合には、医師に相談してニゾラールを処方してもらえないか相談してみて下さい。

ニゾラールを使う注意点として、その殺菌効果の弊害があります。
殺菌効果がとても強い薬であるため、体に無害な菌でも殺してしまいます。
炎症の程度が軽くなったら、長く使わずにそこで中止しておきましょう。

関連記事
人気記事一覧